kiyo_hikoのブログ

メモ+日記?

Windowsで、Gitのリモートリポジトリをローカルフォルダーに置く

以下のようなとき、この方式の使いでがあると思うからメモっとく。

  • リモートリポジトリのしくみを学習中だったり、WindowsのLAN内で完結する作業で、わざわざGitサーバーを置くほどでもない場合。
  • またはGitHubとかクラウドのリモートリポジトリが会社のポリシーとかで禁止されてる場合。

自分はリモートリポジトリの学習するときもっとワンタッチでリモート置けないかと思って調べたらこの方式があった。今までGitHubべったりでちゃんと学習してなかった。

結論

ここにやり方が書いてある。→ Git - プロトコル

終わり。

せっかくなのでサンプルケースを設定し詳細手順を

サンプルケースと手順の概要

ここではサンプルケースととしてC:\dev_repo 以下にローカルリポジトリとリモートリポジトリを作る。そしてローカルでやった作業をリモートにpushするまでをコマンドで示します。
※dev_repoフォルダーはもう存在してるつもり。

次の7手順がこの記事に書くすべて。

  1. ローカルリポジトリ用フォルダーを切る。フォルダー名はtestとする
  2. ローカルをinit
  3. ローカルで何か作業をする
  4. リモートリポジトリ用フォルダーを切る。フォルダー名はtest.gitとする
  5. リモートをinit
  6. ローカルがリモートを参照できるようにする
  7. push
↑の詳細手順

まずコマンドプロンプトを起動。

1.

C:\> cd dev_repo
C:\dev_repo> md test

2.

C:\dev_repo> cd test
C:\dev_repo\test> git init

3.

C:\dev_repo\test> echo hello,world > hello.txt
C:\dev_repo\test> git add .
C:\dev_repo\test> git commit -m "initial commit"

4.

C:\dev_repo\test> cd..
C:\dev_repo> md test.git

5.

C:\dev_repo> cd test.git
C:\dev_repo\test.git> git init --bare --shared=true 

6.

C:\dev_repo\test.git> cd ..\test
C:\dev_repo\test> git remote add origin file:///c:/dev_repo/test.git

7.

C:\dev_repo\test> git push -u origin master

ローカルフォルダーにリモートリポジトリができました。めでたしめでたし

  _
  \ヽ, ,、
_  `''|/ノ
\`ヽ、|
 \, V
    `L,,_
    |ヽ、)                ,、
   .|                   ヽYノ
   /                     r''ヽ、.|
  /        ,.. -──- .、    `ー-ヽ|ヮ
 .|      , ‐'´   __     `ヽ、  `|
  |    / , ‐'"´       ``''‐、  \  |
  |   / /             \ ヽ |
  ヽ,  y'   /` ‐ 、    ,.. -'ヘ   ヽ. }ノ
   ヽ,'     /   /`,ゝ' ´     ヽ   Y.
.    i    ,'     { {        ヽ   `、
    l    ,イ─- 、.._ ヽ ,, _,.. -─:}   !
.    |  r‐i| ー=ェェ:ゝ ,.∠ィェェ=ー' |r 、.  l
   |  {ト」l|.      : | "    ``: |!トリ  |
.  │  ヽ、|      ;.」_      |'ソ    !
.  │     ヽ      r──ッ    /ノ    |
    |      lヽ    ̄ ̄     / イ    │
.    !    丶ヾヽ    ~   , ' ノ │   !
    ト.    ミ.ゝ ヽ.____./  /  l   /
    ヽ  ヽ           イ ,' / , '  ┼ヽ  -|r‐、. レ |
     \.             ノレ'/    d⌒) ./| _ノ  __ノ